ECO*TOJIとは? DMに一工夫 技術紹介 Nのこころざし 会社案内
 
時代が求める印刷物を考える
ホームページ
TOP >ECO*TOJIとは
環境対応型の印刷物加工ECO*TOJIとは
世の中に求められていることを考えて、
「環境」というキーワードに辿り着いたNACAMURAでは、
リサイクルや安全な印刷物とはなんだろうと 色んな事に取り組んでいました。
 
 
大豆油インキと古紙再生紙。そしてECO*TOJI

グリーン購入法(GPN)やPL法など、地球環境の大切さを見直すための様々な取り組みが確立されてきている今日。グリーン購入法に関する情報では、ホチキスを使った書類の処理法がよく例にあげられていますが、針金を使った中綴じはそれだけの理由でリサイクルに出せません。綴じている部分に針金を使用するだけで、資源になるものがゴミになってしまいます。

印刷業界でも紙に対するコーティング剤やインクなど薬品系の見直しはされているものの、製本に対する針金の問題は、デザイン性や利便性を考えると代用できる方法がなかなか見つかりませんでした。

そんな背景の中、折り機メーカーとNACAMURAが共同でECO*TOJIを開発しました。従来の「糊付製本」を進化させ、表紙と中の折り綴じの組み合わせも自由で、針金を使った製本と何ら変わりないデザイン性の高い製本を可能にしたのです。
 
時代が求める製本技術針金を使わない中綴じ

「封入時に引っかからない」「折り山が厚くなりにくく、見た目が美しい」「綴じ部分が盛り上がらず積み重ねる効率がいい」糊を使った中綴じ製本はそんなキッカケから普及していきました。

一方で異物混入の防止や安全性の観点から医薬品や食品、化粧品に関係する印刷物、子供向けの冊子や絵本などに使われています。企業イメージ、あるいは扱うユーザー層を考慮する企業が、IR情報誌やDM類など株主に渡す資料などを作る際にもECO*TOJIを選択しています。

差別化を図れる絶好の技術です。
パンフレットの刷新時にはECO*TOJIを
是非おすすめください。
ECO*TOJIのHPでは 割付の一例や
バリエーションなどのご案内もあります。 是非ご覧ください。
ECO*TOJIのHPもご覧ください!
ECO*TOJI(エコ綴じ) は中村断截所の商標登録です
 
 
| TOPへ | ECO*TOJI | DMに一工夫 | 技術紹介 | Nのこころざし | 会社案内 |
 
Copyright (C) 2006 NACAMURA All Rights Reserved.